三十番札所 鷲林山(じゅりんざん)徳昌寺 〔千手観世音

伝説によれば、約500年前、近辺一帯は鬱蒼たる森林で、多数の大鷲が棲息して乳児を攫っていた。たまたま諸国行脚中の弓の名人若宮王子が、地元の豪士高橋五左衛門の願いで、鷲をすべて退治した。
村人は犠牲となった乳児たちの霊を慰めるため、小庵を建てて供養したと伝えられる。
百年余を経て、寛永五年(1628) 高橋家が私財を投じて一寺を建立、鷲林山徳昌寺と号した。

【御詠歌】   鷲の山 あかつきごとに 鐘の声 つねにうき世の 夢ぞさめけり


山門 本堂
石段を登ったところにある山門 本 堂  御本尊は釈迦牟尼仏
鐘楼 観音像
鐘 楼  梵鐘は文政2年(1819) 鋳造のもの 観音像  弘法大師御作、身丈約15cm  開山時華報寺から移したもの
00/11/14参拝
トップへ  次へ  案内図へ 所在地・納経所
    阿賀野市村岡1386  徳昌寺
      TEL 0250-63-9191