二十八番札所 内島見の観音堂 〔正観世音菩薩〕

当山の正観世音は、弘法大師の御作で、応永年間(1394〜) 将軍足利義時公の守護仏として兜の内に収められていた。新発田の豪族岩村家の先祖が軍功によりその兜を拝領したものと伝えられる。
宝永7年(1710) 村民の切望により、岩村家から、堂宇と霊仏が寄進された。

【御詠歌】   極楽の 外もかりして 内島見 わたす弘誓(ぐぜい)の 舟にまかせて

観音堂 仁王門
観 音 堂 仁 王 門
厨子 ん形 あ形
仁 王 像     もとは、新発田市田貝二王子神社に安置されていたもので、明治5年(1872) 二王子講中より寄贈された
堂内正面の厨子
御像は帳の奥に安置されている
00/11/9参拝
トップへ  次へ  案内図へ 所在地    新潟市内島見
納経所    新潟市内島見29  川崎定男