十七番札所 聖籠山 宝積院(ほうしゃくいん) 〔十一面観世音菩薩

観音像と仁王像は、天平9年(737) 泰澄大徳が百合若大臣と名鷹緑丸の菩提を弔うために彫ったものである。
大同元年(806) 異僧が来て、両尊を供養礼拝し、堂宇を建てて山籠もりした。
このことから、この地を聖者の籠もる山故、聖籠山と呼ぶようになった。
大正5年(1916) 新発田市大手町にあった宝積院を合併し、旧名観音寺を宝積院と改称した。

【御詠歌】   鷲鷹の 鳥屋の松山 待ちわびて たのむ木陰に 雨をもらさじ


石段 観音堂
石段を登ったところに建つ観音堂
仁王門 あ形
仁 王 門 仁王像 阿形
供養塔 聖籠山
緑丸供養塔 聖籠山 遠景
00/7/5参拝  11/9再訪
トップへ  次へ  案内図へ 所在地・納経所
    聖篭町諏訪山578    宝積院
      TEL 0254-27-7773