二十六番札所 
福聚山(ふくじゅさん) 興善寺 〔聖観世音菩薩〕

二度の火災や、水害のため、古文書が失われ詳細は不明であるが、次のように口伝されている。
当寺は以前聖篭町次第浜にあり、天正3年(1575) 現在地に移転した。
昔、領主新発田因幡守が門前を乗馬で通った際落馬されたことから、以来本尊は秘仏とされ、開扉は、住職一代一回と定め、下馬観音と呼ばれている。参道も正面を避け、斜めに設けられている。

【御詠歌】   唯たのめ しめじが原の 露の身を さしも道賀の 草のはずいを


参道 本堂
参道が斜めに作ってある 本堂 御本尊は聖観世音菩薩
観音像 詠歌額
観音像は正面の固く閉じた厨子の中に安置されている。
行基菩薩御作、身丈一寸二分の小振りな座像とのこと
御 詠 歌 額
00/11/9参拝
トップへ  次へ  案内図へ 所在地・納経所
    新発田市道賀111    興善寺
               TEL 0254-23-3226