二十三番札所
 補陀落山(ふだらくさん)千光寺 〔千手観世音菩薩〕

天平年間(729〜) 行基菩薩が、五十公野山の麓に、観音寺と号して開創したと伝えられる。
その後、兵火ため焼失し、観音像は行方不明となったが、向中条の地で見いだされ、安置されること二百余年、さらに行方不明となった。
二百七十余年を経て、曽根の地で新田開発の折り発見され、しばらく安置されたのち、寛文(1661)の頃、現在地に、堂を建立、像を迎え移し、千光寺と号した。

【御詠歌】   月一つ 影は千里の 外てらす 天津雲井の 五十公野の秋


仁王門 観音堂
仁王門 宝永2年(1705) 溝口家四代重雄公が 寄進したもの。 昭和4年改築 五十公野山を背に杉木立に囲まれた観音堂
うん形 あ形
仁王像  吽形 仁王像  阿形
観音像 天井絵
観音像は正面の厨子に安置
行基菩薩御作、約170cm 座像
御開扉は年一回 二月十七日
堂内天井絵の1つ
弁天堂 平成14年(2002) 8月 再建 堂内の弁天像
09/12/30 追加・修正

      リンク 観音会館改築
    

トップへ 次へ 案内図へ
所在地
  新発田市五十公野5020
納経所
  新発田市五十公野5132  石黒俊一
            TEL 0254-23-1759