二十二番札所 
女堂の観音堂 〔如意輪観世音菩薩〕

この観音様は、天正元年(1573) 八森城主が、狩りに出た折り、地中から発見したとされている。
後に、中野氏という豪農が、一人娘の難病平癒の祈願をし、七日間の参拝成満の朝、みごと病気が治ったという。 この報恩に、お堂を寄進し、 その因縁によりこの地が女堂と呼ばれるようになったと伝えられる。

【御詠歌】   女堂 三つも五つも 八つ森の 西へ行く身は さわらざりけり


堂 堂(右から)
村中の、小高い丘に建つ観音堂
堂内 山門
堂     内
格子戸の奥に 弘法大師御作と伝えられる  御像が安置されている。                             
山     門
両脇に三体ずつのお地蔵様
00/11/6参拝
トップへ  次へ  案内図へ 所在地  阿賀野市女堂     
納経所  阿賀野市勝屋1747 天樹寺
        TEL 0250-63-9469