九番札所 大悲山 普談寺 〔十一面観世音菩薩〕


新津市の南部、通称「つばき山」の麓にある寺院。
かって、野火で類焼し、開山時期は不詳である。 承応2年(1653) 良快和尚がこれを再興した。
ついで、延宝4年(1676) 山号を、普堕落山から大悲山に改め、後に、領主溝口家の祈願所となった。
境内には、多数の石像が奉納・安置されている。観音像は聖徳太子の作とされている。


【御詠歌】  祈るから今は残らず身の罪を 旭のさとの霜にたとへて


本堂 弁財天
弁財天
水かけ地蔵
   →  
子育て地 蔵          
本堂 御本尊は不動明王 十三仏
十 三 仏 像
仁王門 観音堂
観音堂への入り口  仁 王 門 観音堂 仁王門をくぐり、石段を数十段登った山腹に建っている                                        
00/7/17参拝
トップへ  次へ  案内図へ 所在地・納経所
   新潟市朝日2560  普談寺
       TEL 0250-22-2439