七番札所  龍雲山 興泉寺 〔千手観世音菩薩〕


五泉の市街地にある寺院。文明6年(1474) 開山、当初は興隆寺と称された。
その後、五泉城主甘糟備後の守景継公が、永禄5年(1562) 堂宇を寄進し、興泉寺と改称した。
観音像は、身丈一寸八分の金像を胎内仏とする千手千眼観世音菩薩で、景継公の守り本尊であった。


【御詠歌】  名も高き泉の寺の庭の苔 つゆ岡寺のかずをむすべり


本堂 山門
本堂 天保14年(1843) に再建された
    御本尊は釈迦牟尼仏
山  門
観音堂
00/7/10参拝
観音堂は、大正2年五泉大火の際に
炎上し、現在は本堂の左側に仮堂を
連結して、御像を安置している。
所在地・納経所
   五泉市錦町2-35 興泉寺
      TEL 0250-42-3529

トップ   次のページ   案内図へ