三番札所   切畑の観音堂   〔十一面観世音菩薩〕
 

天平年間、行基菩薩が北陸を遊行し奥州に向かう途中、この地に立ち寄った。その折り、大銀杏の枝を切って、十一面観音の尊像を刻んだとのことである。
その後、将軍源義家公が、出羽征伐の際、観音様の御名をとなえて願ったところ、暴風にわかに起こり、将軍の旗を吹き切り飛ぶこと三里余り、当山の木末にかかった。
この風で勝利を納めた義家公は、当地に堂舎を建て荘田を寄進したとの故事がある。


【御詠歌】   心から しずのをだまき くりかえし 輪廻のつなも 切旗の堂


堂 堂(左から)
静かな木立の中に建つ 観音堂
乳銀杏 御詠歌額
県指定天然記念物
乳銀杏(ちちいちょう) 昭和 33.3 指定
支幹を含む直径約5メートル。 雄株で、幹から乳柱が下がっている。乳柱を削り煎じて飲むと 母乳がよくでると伝承され、 安産の神木として崇拝されている。
堂内の御詠歌額
00/6/22参拝
トップへ 次へ 案内図へ 所在地・納経所
    五泉市切畑18    星野 忠
     TEL 0250-47-2481